車買取

車査定アップのヒント・内装編

車査定アップのヒント・内装編

これから愛車を売ろうとする時に、やはり気になるのは買取りの値段でしょう。 新車に買い換える場合など、今乗っているクルマを下取りに出す方法もありますが、その多くは、 期待したほどの高値で下取りをしてくれることは無いようです。 ただし、そのディーラーが中古車販売部門を積極的に展開しているのであれば話は変わります。

しかし多くの場合は、日本の車査定事情を考慮すると、下取りよりも中古車買取り専門店で車査定をしてもらい、買い取ってもらった方がお得になります。 極端な話をするなら、かなり程度が悪い事故車は、ディーラーがお金を出してまでも買い取って下取りしてくれるということはまず無いでしょう。 ところが、中古車を專門に扱う会社、特にパーツの販売も行なっている会社であれば、金額はともかくとしても買い取ってくれる事が期待できます。 愛車をできるだけ高く売却したいというのであれば、買取り専門店に買い取ってもらうことを検討して下さい。

ところで、そんな買取店は数多くありますが、少しでも高く売るためのポイントはあるのでしょうか。 例えば内装については、禁煙・分煙志向の高まりによって、禁煙車の方が車査定は高くなります。 もしも既にタバコの匂いやヤニで汚れているという場合には、車査定のダウンは覚悟しなければならないでしょう。 お金をかけてクリーニングしても、タバコを吸わない人やプロの査定士には分かってしまうものです。

また、カーオーディオやその他のオプションは、純正品よりも高機能なものに取り替えた場合、その取り付けなどが上手に行われているのであれば、車査定のアップが望めます。 反対に、取り付けがイマイチだったり、あまりに個人的な趣味に走っているに過ぎないものであれば、純正品に戻すか、きれいに取り外す方が無難です。 シートは、どうしても乗り降りしているうちに擦れたり傷んだりしてしまうものです。 それでも、年数や走行距離に比べて状態が良ければ、車査定アップが期待できます。 逆に、まだ年数があまり経っていないのに、キズがひどかったり、穴が空いていたり、シミや汚れが付着している場合は減点対象となります。